みっきまうすの長めのつぶやき

This is what I am. This is what you are.

「自分を大事にしなよ」言われる理由を解体してみた

「自分を大事にしなよ」
 
 

 
 
 
何度か言われたことがある
 
 
 
 
 
 






ちなみにヤ○マンではなくて、普段の生活で言われる。
 
 
 




なぜ言われるのか

言われた時のタイミングから、自分が何を根底で思っていたのか振り返ってみた。
 

  • 私なんか幸せになってはいけない
  • 私なんかが女として認識されている、ありがたい
  • 全部私のせい(あの時私が○○していれば、こんなことにならなかった)
  • 私が何とかしなきゃ

 
 

根底にあるのは「私なんか」という自己否定と「私が」という自己肯定だ。

自己否定の自分を認めつつも、自分に期待しない自分なんていやだっていう感覚。心の中では常に葛藤が行われたように思う。
 
 
 
妙な葛藤を繰り返すことで消耗し、実際は行動を移せず、
周囲の評価も変わらないから、疲れる。
 
 
 
 
 
 
 
今までこれの繰り返しだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


「私なんか」と自己否定する気持ちが消えないのは、生きた心地を得るためなのかもね。